【介護の派遣】最後の出勤でやるべき3つのコトを紹介!

働き方

どうもー!しょうたです。

いよいよ最後の出勤になってしまいました。

8ヶ月やってきて、慣れてきていたので悲しいです…

介護の派遣社員で「契約満了」を経験したことのある皆さんは

  • 最後の別れ際ってどうすればいい?
  • 何か気をつけることはある?

など、悩んだことはないでしょうか?

そこで今回は、6施設で働いてきた経験から

「最後の出勤でやるべき3つのコツ」

  • お土産を置いていく
  • 忘れ物をしない
  • 個別で挨拶をする

について書いていこうと思います。

これを押さえておくだけで、人間関係もスムーズに

あとグサれなく過ごせると思いますよ。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

お土産を置いていく

スポンサーリンク

派遣を始めた最初の時期に、これをやった所

結構驚かれました。

実際、そこで働いていたのは約4ヶ月間くらいで

短かったこともあったのか

「しょうたくんはどこでもやっていけるよ」

と心強い言葉ももらえることができました。

そんなに大それた物は買わなくていいと思いますが

本当にちょっとした気持ちの物を購入すると

相手も快く思ってくれます。

今回の職場にもお土産を買っていく予定ですよ😊

忘れ物をしない

特に忘れて大変なのは、「会社の物」です。

代表的なのが

  • 制服
  • ロッカーの鍵
  • 名前や勤務内容が書かれた資料

などです。

特に、派遣は次の職場が始まったら忙しいので

そちらへしっかり集中するために

忘れ物はしない様注意しましょう。

個別で挨拶をする

職場を離れたら、一緒に働いてきた人と会うことは

ほぼありません。(僕は一度もないです)

しかし、お世話になった相手などには

個別で挨拶して感謝を伝えておきましょう。

シフト表などをチェックして、タイミングを逃さない様にする事も大事ですね。

まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

派遣でなければ、なかなかない経験だと思うので

参考になれば嬉しいです。

また次の職場などで、気づいたことがあったら

書いていこうと思います。

質問があれば、コメント欄にいただければ

記事にもしていきますね。

それでは、また次回!お会いしましょ〜

しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました