【1年計画】勉強時間を増やすための「家事を減らす」方法を書いてみた。

暮らし

どうも〜!しょうたです。

皆さんは、

  • 家事がなかなか終わらない
  • やることがたくさんあって困る
  • やってもやっても終わらない

と悩んだ事はありませんか?

実は僕も、家事について悩んでいるんですよね。

  • 片付けてもすぐ散らかってしまう…
  • 今日もまた、片付けで1日が終わってしまった…

そんな状況を変えるべく

今年1年をかけて「絶対に散らからない環境」を作るための

計画を考えてみたので、書いていきたいと思います。

コツコツ人生変えるぞ〜!

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

家事を減らす為の「現実的な計画」を書く

以下からは、実際に僕の家庭で取り組んでいることを書いていきます。

2022年の1年間をかけて、「家事を減らす」ことを実践していく計画です。

スポンサーリンク

Step0:目的を明確にする

一番最初に、なぜ片付けをするのか?を明確にします。

僕の場合は

  • 自習したい
  • 家族とゆっくりしたい
  • 睡眠を増やしたい
  • 休日も運動したい

などです。

要は

「自分のやりたい事のために、時間を増やしたい」

が目的です。

Step1:物の量を減らす

夫婦の間で

「妻と僕で休みがあった日に片付けをする」

という事にしています。

我が家の場合

  • 僕の食事後の洗い物
  • 妻のインスタ用の備品
  • 息子のおむつ、おもちゃ等

で部屋が散らかりがちです。

↓ある日の写真

そのため、2022/05/24(本日)も

  • 妻の不用品をブックオフへ出す
  • 食器を減らす
  • 靴下、下着を減らす

などに取り組みました。

これを2022年の1年間。

しつこく取り組んでいく予定です。

Step2:必要なものも数を限定する

具体的に今日やったことは

「靴下の数を3つに減らし」

ました。

他にも

  • 下着     :3枚
  • Tシャツ   :3枚

など、クローゼット内をメインに削減。

今後は

  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 油性ペン

などを減らしていく予定です。

Step3:家事の難易度を下げる

人間は選択肢が4つ以上だと迷うようになるらしいです。

なので、家事がめんどくさくなく、簡単にするために

小学生でも出来るくらいシンプルにしていく予定です。

ひとまず、「ものを探さなくてもいい」くらいまで

とにかく、夫婦で休日が合った時は

片付け・もの減らしする!と言うことですね。

片付けの理由は「自習時間を増やす為」

  • なんで、そんなにやっきになって片付けするの?
  • やりすぎじゃない?

と思う方もいるかもしれませんよね。

はっきり言うと

「家事を沢山やるのは、人生の無駄」

だからです。

もちろん、それを仕事にしてる方や

純粋に家事が好きな方を否定するわけではなく

僕にとっては、やりたいことができなくなってしまう為

無駄だと言うことなんですよね。

時間が増えると「幸福を感じられる」

片付けや家事を減らす事を、ここまで真剣に取り組んでいるのは

「ふと思ったことに、今すぐ取り掛かれる」

と言うことにかなりの魅力や自由

もっというと「生きている幸福感」を感じているからです。

絶対に、今年中にそれを達成するぞ〜!

まとめ

と言うことで、いかがでしたでしょうか?

僕の今年の目標として

「自習を 休日5,5h 平日3h やる」

を掲げています。

そのためにも

「自習にすぐに取り掛かれる」

と言う環境は絶対に必要なんですよね。

今後も、片付けに関することは発信して行こうと思います。

それでは、また次回!お会いしましょ〜!

しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました