【介護の派遣社員】仕事を教えるとき、大事な3つのことを書いてみた

働き方

どうもー!しょうたです。

最近、周りで悩み事を聞くことが多くなってきたんですよね。

介護業界特有の

  • 人手不足
  • 業務が回らない
  • だから、先が見えない…

と言った悩みです。

介護は、この先も続けていく仕事だと思っているため

考えているうちに

「自分がリーダーになったら、どうするべきか?」

と言うことも、気になってきました。

そこで、今回は「人を動かす」ために大事なこと

  • Step1:大前提「人を批判してはいけない」
  • Step2:人は「そうしたい」と思わなければ動かない
  • Step3:「そうしたい」と思ってもらうためにやる事は?

について書いてみました。

コツコツ学んでいきます。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Step1:大前提「人を批判してはいけない」

おそらく、上に立つ人

  • 先輩
  • 上司

などの人たちに必要なのは

「人を批判ばかりしない」

ということです。

批判はいずれ帰ってきますし

人を批判できるほど立派な人間になるのは難しいからです。

それならば、相手に寄り添うことの方が本心を聞けて

その職場の

  • 問題点
  • 改善点

を探し出すことができます。

Step2:人は「そうしたい」と思わなければ動かない

さらに、人は自分のしたいことしかしないと言う視点もすごく大切です。

介護職の現場にいるからわかるのですが

  • 年齢が上であっても
  • どんなに歳を重ねても

相手の立場に立って考えるのは難しいようです。

自分で考えて、納得して「これだ!」と思うものでなければ

自分から行動はしないのだと思います。

だから

「まず傾聴する」

ことが大事なんですね。

Step3:「そうしたい」と思ってもらうためには?

部下や、後輩に「そうしたい!」と思ってもらうためには

  • 後輩への関心
  • 笑顔などの身の振る舞い
  • 自分の実績

などが必要かなと思います。

人への関心

人から魅力を感じてもらう人になるためには

やはり「人を好きになる、人に関心を持つ」ことが必要不可欠です。

そうでなければ

  • その人のもとで働きたい
  • その人の言うことを信用しよう

と思ってもらう事はできないからです。

笑顔などの身の振る舞い

また

  • 身だしなみ
  • ボディーランゲージ
  • 笑顔

など、その人の「雰囲気」も大事なのかなと思います。

上に立つ人は、その場を先頭で引っ張る人になるからです。

自分の実績

最後に当たり前ですが、

  • その人が何を成し遂げたのか
  • その人がどういう実績を持っているのか
  • その人は仕事ができるのか

が説得力になってきます。

どんなに立派なことを言っても、仕事が「遅い・できない」なら

  • その人の言うことを聞こう
  • その人の言うことが正しい

と思う事は無いからです。

まとめ

と言うことで、いかがでしたでしょうか?

正直、僕自身リーダーになったことがないので

ほんとに今から勉強し始めたと言う感じです(^◇^;)

父親になり、息子にどう接するか?

などにも指針がほしかったので

今回は書かせていただきました。

まだ息子が成長するには長い時間があるので

コツコツと実践して学んでいきたいと思います。

それでは、また次回!お会いしましょ〜!

しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました