【早起きルーティーン】夜勤をやっていると難しい?実際の体験談を書いてみた

働き方

どうもー!派遣の介護スタッフしょうたです。

最近は自分の時間を作る為に、早起きに挑戦していました。

一方で、夜勤もやるようになったんですよね。

そこで今回は

「早起きと夜勤は両立できた?」

について実際にやってみた経験を書いていこうと思います。

また、来月から新しい職場なのでそこについても書いていきますね。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

早番専従の早起きルーティーンは?

まず、早番専従のルーティーンです。

  • 朝 :自習して通勤(英語学習)
  • 昼 :勤務&休憩中に作業
  • 夕方:帰宅(オーディオブック)筋トレ
  • 夜 :家事・育児・就寝

こんな感じでほぼ毎日、同じ時間で動けていました。

具体的なスケジュール例

朝のスケジュール

  • 22:00  入眠
  • 5:00    起床・トイレ(7時間睡眠)
  • 5:30    自習室にて作業
  • 6:20    出勤準備
  • 6:40    通勤(歩きながら英語シャドーイング)

昼のスケジュール

スポンサーリンク

  • 就業
  • 昼休み ブログなどの作業40分

夕方〜夜のスケジュール

  • 16:30   退勤・帰宅(オーディオブックなど視聴)
  • 17:00   ジムにて筋トレ
  • 17:50   ジム終了
  • 18:30   帰宅〜家族の時間
  • 22:00   就寝

こんな感じです。

夜勤を取り入れてみたら?

しかし、夜勤を取り入れてみたところ

「通常の体調になるまでに3日かかる」

ことがわかりました。

そのため

  • 月に3回夜勤があったら、約10日間は体調不調になる
  • ダラダラがどうしても増えてしまう
  • やりたいことができない

というちょっとした悪循環になってしまいます。

もしかしたら、夜勤をやるなら専従になる方が

ルーティーンも作りやすくて、いいかもしれませんね。

6月からはまた早番専従に戻ります

3月と5月に夜勤を実際にやってみましたが

  • 早起きがしたい
  • そのほうが体調がいい
  • 育児にも参加できる

などの理由で、来月からはまた早番専従に戻ります。

ありがたいことに、次の職場も確定したので

後はまた、コツコツとやっていくだけですね😊

まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

来月からの職場は

  • 自宅や保育園から近い
  • スポセンも近くにある

というメリットがあるのに対し

  • 時給が1440円に下がってしまう

などのデメリットもあるので

時給をあげるために、また頑張っていきますね。

その過程も、更新していきます。

それでは、また次回!お会いしましょ〜

しょうたでした。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました