【20時に寝る】やるべきことをやると早く寝られる理由を紹介

暮らし

どうもー!しょうたです。

最近は早起きを習慣にしようと頑張っています。

何度も、「早く起きよう!」と挑戦して失敗しているのですが

やってみているうちに、成功への道が見えてきました。

そこで今回は、早起きのコツ

  • 早く寝ると早く起きれる
  • 早起きは前日の過ごし方で決まる
  • 後悔がなければ早く寝られる

について書いていきます。

これをやることで、1時間早く起きれるようになったので

「なかなか早起きができない…」

と悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

【早起きの基本】早く寝る

当たり前かもしれませんが、寝ないと起きれません。

スポンサーリンク

余程の人でない限り、7時間は寝る必要があります。

しかし、以前の僕は

  1. ダラダラ過ごして、深夜0時になる
  2. 「明日早起きして自習しよう!」と決意して寝る
  3. 早起きに失敗する

という、何とも計画性のないやり方をしていました。

体に無理をさせると、「毎日早起きする」ことはできません。

そこで習慣を変え、しっかり寝ることで

ある程度起きれるようにはなりました。

(21時に寝たら5時には目が覚めます)

【計画する】早起きは前日の過ごし方が大事

「早起きをするためには、早く寝る」必要があります。

そこで早起きの準備として前日から、スケジュールを組んでおきましょう。

【スケジュールの組み方】

  1. 寝る時間を書く
  2. 30分前に「消灯」と書く
  3. 帰宅後から、消灯までにやることを書く
  4. その通り実行してみる

こんな感じです。

【日中にやる】後悔がなければ早く寝られる

スケジュールを組んで、実際に実行してみると

現実と計画の間にギャップがあることがわかってきます。

実際に僕が上記のスケジュール組みで何度もやってみた所

「やること多すぎて、早く寝れない」

という結果になりました。

  • 入浴(息子も)
  • 食事(料理、盛り付け、食べる)
  • 片付け(食器、洗濯物、鞄など)
  • 歯磨き(息子も)

など毎日やることに加えて

「夜に1時間の自習をする」

は正直、オーバースケジュール。

遅寝(22−23時)になって、早起きができない悪循環です。

大事なのは

「日中にやるべきこと(自習)を終わらせておく」

ことです。

それには、やるべきことを

  • 昼休みのスタッフルーム
  • 帰宅前のカフェ
  • 早起きして

などで日中にやっておくことが大切だと気がついたんですね。

まとめ

ということで、実際にこの記事は

  • 朝の40分間
  • 仕事の1時間休憩

の時間に書いてみました😊

これからは、早寝早起きのために

「日中にやりたいことを終わらせる」

を軸にスケジュールを組み立てていこうと思います。

その成長の過程も発信していきますね。

それでは、また次回!お会いしましょー!

しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました