【超おすすめ】自宅テントのメリットを紹介。1人の時間の作り方

暮らし

どうもー!しょうたです。

今年に入ってから

  • 体重85kg以下になる
  • 自力で貯金100万円する
  • 勤務日:3h  休日:5,5h 自習をする
  • 洋画がわかる英会話力をつける

の目標にがっつり取り組んでいるのですが

そんな僕も元々は怠け者でした。

なんで、自分のやりたい事に取り組めるようになったのかな?

と思い返してみると

自宅テントを始めてから自分の時間が増えたんですよね

そこで今回は「自宅テント」についてのメリットを紹介していきます。

  • 自分の時間が作れない
  • 静かに1人になれる空間が欲しい
  • 書斎が欲しい

などの悩み解決のヒントになれば幸いです。

実践してみるとめっちゃ楽しいし、勉強も捗りますよ♪

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

自宅テントは最高!メリットを語る

【メリット1】1人の時間を作ることができる

スポンサーリンク

上記で触れた

  • 自分の時間が作れない
  • 静かに1人になれる空間が欲しい
  • 書斎が欲しい

という僕が長年持っていた悩みを「自宅テント」で解決できました。

僕が持っているテントは1人用なので

「一つの事に集中」する空間としてもめちゃくちゃ最適です。

テントにはある種の冒険感もあり

入るだけでもワクワクしてきます。

自分だけの秘密基地って感じですね😊

【メリット2】カスタマイズしやすい

また、テントはアウトドア用なので色々な機能がついています。

  • 天井にフックやネット
  • 出入り口は2つ
  • チャックが2ついている
  • 網戸にもできる
  • 移動は簡単

僕のテントも配線を通すときにとてもカスタムしやすかったです↓

他にもテントには様々なサイズがあり

最近は「入り口が一つのやつもいいなー」

なんて考えてもいます。

こんな感じのやつ↓

これはAmazonで17,000円くらいです。

【メリット3】安価で用意できる

そして、テントは安価で用意することができます。

高くても5万円、安くて8000円とかです。

  • 駅前の月額1万円の自習室は高いし
  • 無料の図書館でもやりたいことができない

上記の2つと比べても圧倒的に「自宅テント」は取り入れやすく

そしてパフォーマンスもめっちゃいいです。

まじで自習ややりたい事が捗ります。

自宅テントの他に用意する物

テントを自習室として使う場合に用意する物は

  • テーブル
  • ライト
  • 電気配線
  • 座椅子
  • マット

の5つくらいです。

ただし、テーブルはテントの幅を調べてから

購入するのがおすすめです。

また、テントの設置場所は

  • ベランダ

など屋外なので、ライトは強めのものが良いです。

自宅テントのデメリットと解決法

こんなにおすすめなポイントが多い自宅テントなのですが

デメリットもあります

家族の許可が必要

ぼくの場合、すんなり許してもらえたのですが

やはり一個ハードルはあるかもしれないです。

ちょっと変ですもんね笑

冷暖房がない

自宅テントは屋外の天候に居心地を左右されてしまいます。

冬場は寒く、夏場はとても暑い…

なので

  • 冬場にはミニヒーター
  • 夏場にはクーラー

が必要です。

僕の場合はミニヒーターを2000円くらいで購入。(最安でした)

小さいですが一人用テントを温めるには十分でした。

自宅テントでまだ夏を越したことはないのですが

ダクトホースで室内のクーラーとテントを繋いで

冷気を持ってくる作戦を密かに考えています笑

あー、楽しみ!笑

まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

何はともあれ、自宅テントはまじで最高です。

ちょっと変…と感じるかもですが

それを超えてあまりあるメリットなので

ぜひ勇気を出してチャレンジしてみてください笑

また、自宅テントに関することを記事していきます!

まじで、最高!!

それでは、また次回!お会いしましょ〜

しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました