【派遣の介護】宗教勧誘された時の対処法を紹介!利用者さんとの距離感は?

働き方

どうもー!派遣の介護スタッフしょうたです。

介護施設で働いていると

  • 利用者さんとの距離が近くなってしまう
  • 色々と込み入った話をされてしまった
  • 果てには宗教勧誘されてしまった

という問題に頭を抱えることがあります。

そこで今回は

先輩から直伝された「宗教勧誘された時の対処法」

について書いていきます。

施設の介護は距離感が近いので、注意事項として参考になればと思います。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

【対処法①】はっきりと返事をしない

まず、そのような話を持ちかけられた場合は

「はっきりと返事をせず、その場をやり過ごす事」のが適切な対応です。

逆にやってはいけないのが

  • 安易に「はい」と返事をする事
  • 逆にはっきり断る事

と先輩から教えられました。

スポンサーリンク

安易に「はい」といった場合

  • 後々も勧誘が続く
  • 結局、断ることになり反感をかう

などのリスクが考えられるとのこと。

きっぱり断った場合

  • 刺激を与えてしまう
  • 利用者さんを不穏にさせる

などのリスクが考えられるとのこと。

いずれにせよ、「その場で返事をしない」のが大事なようです。

【対処法②】周知する

話を持ち帰ったら、抱え込まず他のスタッフに「周知」します。

  • その日のリーダーに報告
  • すぐに指示を仰ぐ
  • その他の人にも周知する

など周りに話して、全体でこの問題を認識します。

「宗教の勧誘をされた時もちゃんと言うんだよ」と先輩が言っておりました。

【対処法③】チームワークで対応する

介護はチームワークで業務をこなします。

利用者さんから

  • 嫌われる
  • 好かれる
  • 顔を覚えられる

などして、対応が難しい場合は

  • 他のスタッフが対応
  • 施設長から利用者へ話をしてもらう

など、チームで動いて対応していきます。

問題を共有して動くという感じですね。

まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

とにかく大事なのは「周知」して抱え込まない事のようです。

「介護はチームワーク」というのがキーワードなので覚えておきましょう!

それではまた次回!お会いしましょ〜

しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました