【介護の夜勤】休憩2時間をどう過ごす?疲れが残らない方法を紹介!

働き方

どうもー!派遣の介護スタッフしょうたです。

急遽、2回目の夜勤を18日−19日にやってきました。

1回目の反省を生かしてチャレンジした結果を書いていきます。

夜勤に興味はあるけど

  • 体力的にどうなんだろう?
  • 疲れない工夫とかあるの?

という悩み解決のヒントになればと思います。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

休憩時間はとにかく「よく寝て」過ごす

夜勤で一番重視しているのが「睡眠」です。

1回目の夜勤で思ったのが

  • 夜勤で一番負担なのが「起きている時間」
  • その為、しっかり睡眠を取れれば夜勤は「楽」

ということです。

実際、初夜勤では1時間の睡眠時間で結構疲れを感じました。

疲れを残さなかった睡眠の方法は?

スポンサーリンク

なので、今回は

  • 寝袋
  • 耳栓

を自宅から持参。

そして0:30〜2:30の休憩時間に

  • 半ズボン
  • 真っ暗闇

にして耳栓と寝袋を使用して睡眠を実行しました。

結果、めちゃくちゃよく眠れました。

前回よりも疲れが無く、めちゃくちゃ眠くは無い感じです。

甘い食べ物やジュースの誘惑に注意

また、夜勤中の食事も眠気に関係します。

お菓子やジュース、カフェインなどを摂取してしまうと

  • 睡魔が強くなり
  • 体調が狂い
  • 疲れが残ってしまう

という疲れのサイクルにはまってしまうパターンが多いので注意です。

なので夜勤入り前に食事をして、夜勤中は水分補給のみが体調には良さそうです。

僕は、食欲にかなり弱いので「ナッツ」を持参。

空腹を感じたらすぐにナッツを食べて凌ぐ作戦です。

これで一緒になった人からの差し入れも、自宅まで持って帰ることができました。

食べてしまったら、結構後に響きます。。。

まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

今回、睡眠対策はめちゃくちゃしっかりやりましたが

  • 目がぼーっとする
  • 右脹脛の痛み

などやはり不調は出ることは出るようでした。

なので帰宅後に、入浴してストレッチ、睡眠をとることを次回以降強化していきたいと思います。

次回の夜勤は確か27日なので、またその時に書きますね。

それでは、また次回!お会いしましょ〜

しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました