【簡単】ズボラ人間が家計簿を1ヶ月継続できた方法を紹介!

暮らし

どうもー!しょうたです。

最近、雪がよく降りますね。

そんな天気でもベランダに立てた自習室(テント)内は

2000円くらいで購入したヒーターでめちゃ快適に使えています。

今年こそは!と家計簿やサイフ運用など頑張っているのですが

  • 面倒くさがり
  • 三日坊主

と、元々継続が大の苦手だったんですよね。

それなのに、今年に入ってから1ヶ月半くらい経ってまだ続けられています。

そこで今回は

  • 家計簿を継続できた理由
  • 記録のやり方

などについて書いていこうと思います。

「今まで家計簿がうまくいったことがない…」

と悩んでいる方のヒントになれば幸いです。

それでは、どうぞ!

なぜ家計簿が続かないのか?

家計簿が続かない原因は

スポンサーリンク

  • やらなきゃという動機がない
  • 具体的な目標がない
  • 記録方法がめんどくさい

の3つだと考えています。

やらなきゃという動機がない

面倒くさかったり、三日坊主だったりするのは

やらされてる感が原因な事があります。

  • 自分がやりたいことなんだ
  • これをやれば自分の欲しいものが買える

など、自身が納得して行動できれば

目標は半分くらい達成できていると思っていいかもしれません。

僕の場合も、息子が生まれた事が行動を変えるキッカケになりました。

そこから「自分がやりたくてやっている」という感覚が出てきて

やりたいことへの行動が継続できるようになってきました。

具体的な目標がない

つい最近まで自分は、貯金や節約に苦手意識があり

「節約したい!貯金するぞ!」と思っていても、家でお菓子を食べてゴロゴロしていました。

具体的な目標(期限や金額など)がなかったんですよね。

しかし、息子が生まれたのがキッカケで

今までのだらしない心を入れ替え

1ヶ月間、家計簿をつける

と、やることを明確に決めたのでした。

記録方法がめんどくさい

面倒くさがりの自分にとって、複雑な家計簿は絶対続かないとわかっていました。

巷の本屋で売っている家計簿は

  • 記録する内容が多い
  • 変に内容に凝っている
  • 持ち運びが大変

など、自分に合わない条件のものが多かったんです。

カテゴリーは少なく、記録はその場で

そこで継続するために

  • 記録のルールを超簡単にする
  • カテゴリーをめっちゃ少なくする

という工夫をしてみました。

記憶のルールは

支払ったその時点で記録する

と決め、「これなんだっけ?」と

後から見返して混乱しない超簡単ルールにしました。

カテゴリーは

  1. 固定費(家賃、光熱費、通信費、サブスク、保険等)
  2. 食費(自炊の食材、米、ミルク、オムツ等)
  3. 外食・交際費(レストラン、コンビニ、お菓子等)
  4. 日用品(装飾、100均、生活用品などの雑費)
  5. 交通費(公共交通機関、駐車場等)
  6. 自由費(0円だった日、自分の夢の為の費用等)

の6個です。

これもカスタムで、普段自分がお金を使うシチュエーションを思い浮かべて決めました。

結果、特に困ったこともなくスムーズに記録でき

「ここにこんなに使ってたのか!」

と続けてみて発見することができたのです。

手書きではなくアプリを使おう

面倒くさがりの自分にとっては手書きの家計簿よりも

アプリが性に合っていました

  • サッと記録できる
  • 見返すのも簡単
  • 自動で表にまとめてくれる

などなど、いつも手元にあるスマホで記録できたため

サクッと記録できたのはすごいメリットでした。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

今年いっぱいの100万円貯金するという目標も、自分にしては大きいので

コツコツ頑張っていきたいと思います。

その過程も毎日ブログやY

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました