【節約】貯金できない自分が月10万円貯めた方法を紹介!1年で100万円貯めれるか?

暮らし

どうもー!しょうたです。

日々、目標に邁進しているのですが

実は、最近「社員にならないか?」

と声をかけていただきました。

でも今の働き方が最高なので、どうしようかと悩んでいます(^◇^;)

今年に入ってから、浪費体質を変えようと頑張った結果

「1ヶ月で10万円以上残すことに成功」したんですよね。

そこで今回は、10万円貯金した方法の

  • 家計簿をつけた
  • 家賃を大幅に下げた
  • 家族に協力してもらった

についてわかりやすく書いていこうと思います。

貯金が苦手で悩んでいる方も

めちゃめちゃシンプルに続けやすい方法なので

是非試していて欲しいなと思います。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

家計簿をつけた

つけてなかったの?と思われるかもしれませんが

18歳にアルバイトを始めてから27歳の現在に至るまで

家計簿が続いた試しがありませんでした。

  • レシートを溜めてしまう
  • ゴチャゴチャになって混乱
  • めんどくさくて続かない

など、なんとなーくレシートを取っておいて

「後から計算しよう」って感じで、結局うまくいきませんでした。

シンプルな6つのカテゴリー

まずはわかりやすくするために

  • 固定費(家賃、光熱費、通信費、サブスク、保険など)
  • 食費(自炊食材、お米、ミルク、おむつ、共同日用品)
  • 外食費・交際費(レストラン、フードコート、コンビニ等)
  • 日用品(細かな雑費)
  • 交通費(Suica、駐車場代)
  • 自由費(自分の夢に使ったお金、お金を使わなかった日)

の6つに絞りました。

日々自分がお金を使うシチュエーションを考えて

  • 「勤務日は、昼飯、夕食、交通費かな?」
  • 「休日は妻と外出が多いかも…」

など、そこからカテゴリー分けして自分に合ったものを選びました。

「意外と同じ場所でお金を使っているな」と気づくきっかけにもなりましたし

お金を使わなかった日は「自由費 0円」と入力するのも一つの楽しみになりました。

シンプルなルール

そして、記録するタイミングは

「欲しいと思って、支払いをした日のうちに記録する」

とだけ決めました。

そうすれば、後からクレジットで引かれている!とかで混乱しません。

何より、自分が何にいくら使ったかが明確にわかるようになります。

ルールをシンプルにすることで、家計簿の肝腎要の

「記録を継続する」

と言うことがクリア出来ました。

「この一歩で浪費体質が変えられる!」と思えばなんだかワクワクしてきますよね😊

家賃を大幅に下げた

思い切った行動だったのですが家賃を

93、000円→48、000円と半額近くに下げました。

元々、義母との関係がきっかけで引っ越しを考えており

妻とたくさん話し合って2LDK→1Kにサイズダウンしました。

結果、やって大正解。

散々検討して決めたので、生活の満足度は全く変わりなく

家賃だけが下がって、本当に家計への助けになりました。

家族に協力してもらった

これは、見逃されがちですが実は1番重要で

かつ意外と難しいことだと思います。

だって

  • 2LDKから1Kに引っ越したい
  • 外食費の財布を割り勘で作りたい
  • 共働きは続けていきたい

とうまく伝えるのって正直難しいですよね。

コミュ障で24歳まで童貞だった僕が、不器用なりにやったことは

とにかく、そうしたいと「伝える」ことでした。

お付き合いを始めた頃から

  • やりたいことがある
  • 将来はアメリカに自転車旅行へ行きたい
  • 派遣社員で働いていたい

など、ちょっとづつ話すようにしていました。

そう言うことの積み重ね&妻の包容力の大きさや強力で

うまくいっているんだと思っています。

ほんと、妻には感謝しています。

まとめ

と言うことで、いかがでしたでしょうか?

ズボラな僕が、不器用なりに

  • 家計簿をシンプルにする
  • 引っ越して家賃を下げる
  • 家族に強力してもらう

ために実際にやって効果があった方法を紹介しました。

まだまた、開始から1ヶ月くらいなので

これを1年続けて、まずは100万円貯金を達成したいと思います。

毎日コツコツと頑張るぞー!!

それでは、また次回の記事でお会いしましょ〜

しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました