【節約術】食費・外食費を抑える「サイフ運用」に挑戦!金銭感覚のファーストステップ

暮らし

どうもー!しょうたです。

実は長い間、家計簿をつけるのが苦手だったんですよね。

  • レシートがどんどん溜まってめんどくさい
  • 支払いとクレジットが被って訳分からなくなる
  • 結局、なんのためにやっているか分からない

しかし、ズボラなせいでお金関係で色々と問題が起こってしまい

「絶対に節約・貯金体質に変わってやる」と心に決めたんです。

そこで今回は、2022年1月にしょうたが実践した

「食費・外食費のサイフ運用」

について書いて行こうと思います。

とっても簡単に実践できる方法なのに効果はバッチリ。

夫婦で協力して自然と節約できるようになってきています。

「節約ってなんだか面倒臭そう」

と思っている方も、貯金体質に変わるヒントになれば幸いです。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

使いすぎ防止には「予算感覚」が大事

スポンサーリンク

そもそも、自分自身の考え方から変えなきゃいけないと

貯金体質になるために一冊の本を購入しました。

実践編の要は「家計簿をつけること」です。

しかし、細かな記録をしなきゃいけないので

面倒臭くなりがちですよね。

そこで思いついたのが

「一括で食費を払って、予算内に収めればOK」

というシンプルなルールでした。

「1つのカテゴリー」に「1つの財布」

元々、義母さんと同居している時から「食費サイフ」を作っていました。

早速、少しだけルール改変をして我が家に導入。

  • 僕と妻でそれぞれ15,000円ずつ補充する
  • 20,000円は自炊の食材の購入費用
  • 10,000円は「お米・ミルク・おむつ」の購入費用
  • 月初に補充、月末まで予算内で運用する

という簡単なルールだけ決めました。

すると思惑通りで、一回補充してしまえば

あとは考えることなく、ふと財布の中をチェックし

予算内で買い物をしてしまいます。

これぞ、「サイフの力」です。

1日の予算はいくら?と考える癖ができた

自然と「今月はあといくら使えるんだろう?」と考えるようになりました。

逆算して

  • 1日で666円くらい使えるんだな
  • じゃあ7日間で約4600円使えるのか
  • 1週間ごとにまとめてスーパーで買い物してみよう!

と、夫婦で話し合って実践してみました。

結果、生活の満足度は落とさず支出を減らし

夕食の自炊の頻度が多くなり、夫婦の会話(チームワーク?)も

多くなりました。

まとめ

ということで、我が家の節約ファーストステップでした。

これからも、節約については色々と書いていきますので

よかったらチェックしてみてください。

それでは、また次回!お会いしましょ〜!

しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました