【2019】東京ディズニーランド、シーのはじめての年パスの作り方!!予習編

ディズニー

こんにちは、まる丸と申します(-ω-)/

皆さんもご家族やご友人と東京ディズニーリゾートに

訪れたことがあると思います。

1年に1度は訪れたい夢のような場所ですよね!

アトラクションは楽しいし、食べ物はおいしいし

キャラクターやショーがとっっても魅力的ですし(^^♪

そんな魅力あふれる東京ディズニーランド、シーに、

1年間いつでも何度でも通えるようになる年間パスポート!!

というまさに夢のようなものがあるのですが

どのように、手に入れられるのか気になりませんか?

今回は、そんな夢のような東京ディズニーリゾートの

年間パスポートの作り方について、まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

作成するまでの流れをご紹介!!

そもそも、どこで作れるのか?

東京ディズニーランド、シーの年間パスポートは、2つの場所で作成することができます。

スポンサーリンク

その場所とは、

  • 東京ディズニーランドの入園口左の受付所
  • 舞浜駅前のショッピングモール「イクスピアリ」

です。

どこで作ることができるのか、知るだけでも

なんだかワクワクしてきますね(^^♪

どちらの場所でも、同じように作成することができるのですが

必要な書類や、事前に用意するものはあるのでしょうか?

 

作成する際に必要なものリスト!

夢の国への年間パスポートを、手に入れるために必要なものは、以下の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、住民票、旅券、年金手帳など)
  • お金

以上っっ!!

少ないですね(笑)

これだけで、作成できると知るとなんだか拍子抜けするというか

ハードルがちょっと下がる気がしませんか?

続いてはお値段ですよね。。。

いくら夢の国といえども、ここら辺はしっかりとしてます(;^_^A

年間パスポートのお値段!

年間パスポートには3種類あり

  • 2パーク年間パスポート
  • 東京ディズニーランド年間パスポート
  • 東京ディズニーシー年間パスポート

となっています。

料金は2パークと1パークで違っていて

税抜きで

  • 2パーク:89000円(大人/中人)
  • 1パーク:61000円(大人/中人)
  •  

です。。。

うひょー、、、

正直言って、

やすくはない!、、、かな?

しかし、個人の感覚によりますが

この価格で、1年間何度もいける!と思うと

ええいっ!買っちゃえ!!

という気持ちにもならなくはないですかね(笑)

ちなみに、小人さん(4才~11才)とシニアさん(65才以上)は

大人とは別料金で

  • 2パーク:56000円(小人)/75000円(シニア)
  • 1パーク:39000円(小人)/51000円(シニア)

となっています。

使えない日がある!?

これまでご紹介してきた、

完璧なんじゃないかとも思える年間パスポートにも

使えなくなってしまう日というものがあります。

それが、除外日です。

東京ディズニーリゾートの公式HPに掲載されているのですが

年間を通して約13日ほど年間パスポートを使用できない日があります。

もし、夢の国へのパスポートを手に入れたとして、お友達とお出かけする事になったら

「ふんっ!俺には完全無欠の年パスがあるんだぜ!エッヘン<(`^´)>」

なんて威張らずに、ちゃんと除外日に当たっていないかを確認しておくとよいでしょう。

ちなみに、2019年の除外日は

8月:  12・13・14日
10月: 12・13・14日
11月: 23・24日
12月: 7・8・28・29・30日

となっています!

まとめ

 

以上、東京ディズニーリゾートでの

年間パスポートの作り方をご紹介いたしました!

年パスって、ハードルが高いように思えますが

ゲットするための方法を知ってみると

意外と叶えられるような気がしてきますよね(^^♪

まあ、お値段は、、うーん、ですが(;^_^A

皆さんも、夢の国へのパスポート、1度は考えてみてはいかかでしょうか?

 

ご覧いただきありがとうございました、まる丸でした(-ω-)/

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました