【介護の派遣社員】使えるスタッフになるには?評価が上がる方法を紹介!

しょうた

どうもー!しょうたです😊

27歳で4年間介護の派遣社員として働いてきました。

全部で6施設を経験してきて

「〇〇さんね〜、正直あの人ちょっと使えないよね」

「あの人ね、指示待ちで1から言わないと動いてくれないのよ」

「それに、移乗とか危なっかしくて任せていられないんだよね」

など介護スタッフさんの会話を聞いたことがあったんですね汗

そこで、これから介護の派遣をやろうしている方や、少し不安を持ってる方に

【どうすれば「使えるスタッフ」になれるのか?】

について書いていこうと思います。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

使えない人の特徴は?

まず介護の派遣で「やってはいけない事」があります。

  • いつまでも仕事内容を覚えない(メモしない)
  • 仕事が雑(事故が多い、態度が悪い)
  • でしゃばる(余計な事をする)

の3つです。

スポンサーリンク

いつまでも仕事内容を覚えない(メモしない)

仕事をやっている先輩スタッフに1週間〜1ヶ月間くらい付いて覚えるのが基本なのですが。。。

「全然メモしない」人がいるんですよね。

それで、いざ1人で仕事する様になると

  • 「次何をすればいいですか?」と同じことを何度も聞く
  • 仕事のマニュアル通りにできない
  • 黙ってただ立っている…(1〜2ヶ月経っても)

などなど、他のスタッフの仕事が増え

「あの人使えないな…」

と思われてしまいます。

仕事が雑(態度が悪い、事故が多い)

介護をする上で基本中の基本が「利用者へのサービス」です。

対人の仕事なので「接客」のようなスキルが必要なのですが

  • ぶっきらぼうな話し方をする
  • 介助が勢いよくやったり危なっかしい
  • 私語が多く愚痴ばかり言う

などの派遣スタッフは嫌われてしまいます。

でしゃばる(余計な事をする)

派遣社員は「足りない人員を補足する」役割なため

「正社員が方針を決める」ことが基本です。

しかし、長く勤務している派遣社員さんで

  • 勝手に業務の振り分けを変更してしまう
  • 自分のやり方を変えられない

などの理由で煙たがられることがあります。

評価アップ!「現場の困っている事」を解消しよう

やってはいけないことを抑えた上で「じゃあ何をやればいいの?」と聞かれたら

「現場の困っている事」を解決する事

と答えます。

派遣社員は人員不足のため雇われているので

  • 人員が足りない=業務が回っていない
  • 業務=利用者さんの排泄・入浴・食事の介助
  • その現場が求める介助の「手順・方法」を早く覚える
  • 実際にその業務を行い、悩みを解消する

ざっくりと、このように考えて動いていくと

周りのスタッフからの評価につながり

派遣会社にもいい評判が伝わるので

時給交渉や、条件の合う職場の紹介なども

スムーズに行ってくれます。

まさに「三方良し」ですね😊

ぶっちゃけ介護の派遣社員ってどうなの?

結論を言うと僕は「大好き」です

  • 早番専属など、好きな働き方ができる
  • 時給が高く福利厚生もいい
  • 残業がない
  • 退勤すればもう仕事のことを考えなくていい
  • 自分のやりたいこととの両立がしやすい
  • 資格の取得制度も充実している(会社を選べば)
  • 色々な施設を経験でき、正社員になる際の判断材料が増える

メリットはたくさんあります。

もちろんデメリットは

  • 契約期間が短く、切られる可能性がある
  • ボーナスがない

などがあります。

しかし「今、自分のやりたいことに集中できる」のメリットはやはり大きいと僕は思っているんですよね。

まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

6施設を経験してきた僕が気をつけていることを今回は書いてみました。

これを心がけるようになってやるべきことが明確になり、かなり働きやすくなりました。

介護の派遣社員の初心者の方には是非覚えておいて欲しいです😊

これからも介護の派遣について色々書いていこうと思っています。

質問があればコメント欄にお書きください!

それでは、また次回!お会いしましょ〜

しょうたでした

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました