正社員から派遣社員になって幸福度がアップした4つの理由

しょうた

どうも!しょうたです

コロナ禍で、飲食業や接客業で働かれている方は

本当に先行きが見えなくて

  • 苦しいなあ
  • やめたいな…
  • このままでいいのだろうか…
  • 将来どうなるのだろう

と思われている方も多いと思います

そんな僕自身も、4年前はホテルで接客業をしていました。

当時の僕も

  • 手取り15万円
  • ボーナスなし
  • 拘束時間一日中12時間
  • 休憩中も仕事のことで頭がいっぱい

といった状態で、決して幸福度が高いわけではありませんでした

それから時が流れて、現在は介護の派遣社員をしています

もう3年ほど勤めているのですが、介護の派遣をやり始めて

「収入」

「自分の時間」

「人生の幸福度」

がすごい上がったんですよね

スポンサーリンク

そこで、今回は

  • 給与が高く、労働時間が短くなった
  • 結婚できた
  • 人間関係で悩まなくなった
  • 人生の主導権を握れた

など、幸福度が上がった理由を4つ紹介しようと思います。

スポンサーリンク

介護派遣で「給料が高く、労働時間が短く」なった

ホテルの接客業は

  • 拘束時間が長い
  • 仕事も多くハード
  • 給料は少ない

といった感じで、毎日慢性的に寝不足という感じでした

しかし、介護の派遣社員になったことで

  • 正社員時代よりも5万円くらい給料が上がった
  • 正社員時代よりも3時間くらい拘束時間が少なくなった

のです

当時の僕は、世の中にどんな働き方があるのか全く分からず

最初の正社員の仕事が「すべて」でした

しかし、いざ仕事を探してみると自分にもできそうな仕事で

高時給で高待遇、働きやすい環境がありました

そして、睡眠不足も解消され、自分の時間やお金が増えたのです

介護派遣で「結婚できた」

時間が増えたためライベートも充実し

彼女とのデートもたくさん出来きました

やはり、毎日寝不足で職場の狭い人間関係に苦しんでいた頃より

金銭的にも、時間的にも、気持ち的にも余裕があります

彼女と向き合ったり、話し合ったり、お出かけする時間やお金が出来た為

最終的には結婚することもできました

たくさんの話し合いや、将来の夢の共有をしてきているため

結婚後や産後にクライシスが起こることもなく

むしろ、産前産後のサポートに関しては

妻からよく感謝していただけています😊(よかった〜)

介護派遣で「人間関係で悩まなくなった」

派遣社員の特徴の一つが「契約更新」です

最初は1ヶ月の契約をして、よかったら3ヶ月更新して

といった「契約更新」が月単位で行われます。

デメリットは切られたらおしまいな所ですが

メリットはめっちゃ嫌な職場だったらこっちが切れる

ということです。

これは、心理的にもすごくいい作用で

少しのことでもへこたれなくなり

逆に契約期間終了(向こうから切られる)まで続いたりするものです

だって「嫌だったらいつでも辞めれる」と思えるのですもの

介護派遣で「人生の主導権を握れた」

  • 睡眠不足が解消して
  • 収入が増えた
  • 時間が増えた

などの変化の結果

「人生の主導権」を自分で握れるようになりました

3年前の正社員時代は、「会社主導権」でした

勤務時間や、休日の融通も利かず

全て「会社都合」で動いていたと思います

そこから脱出して、自分の時間や、やりたいことを出来るお金

を手にすることができ、自分の人生を見直せたと思っています

ずっとこのままの状態が続くとは思っていませんが

「そんなに頑張らなくても、自分の時間やお金の基礎がある」

という状態が経験できたのは、人生観の変化でしたし

そのできた時間で、今は勉強中って感じです

まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

23歳頃から26歳の現在まで、派遣社員で働いてきて

「幸福度がアップした理由」

について書いてみました

僕自身もっと書いていきたいことが多いテーマなので

「派遣社員」についてもっと書いていこうと思いますので

気になる方はコメントでご質問などいただけるとうれしいです

それでは、またお会いしましょ〜!

しょうたでした

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました