奥手だった僕が恋愛出来たのは「身だしなみ」「傾聴」「話し合い」を磨いたから

しょうた

どうも!しょうたです😊

今回は、奥手な自分がなぜ恋愛出来たのか?について書いてみようと思います。

現在は26歳で既婚、かわいい息子もいます

ところが、たった3年前までは

「奥手で恋愛経験0の24歳男性」

だったのです。

そんな僕が良い恋愛が出来たのは

  • 「身だしなみ」
  • 「傾聴」
  • 「話し合い」

などに気をつけるようになってからだと思うので、経験談も合わせてお話ししていきますね。

スポンサーリンク

清潔感のある「身だしなみ」

清潔感のある身だしなみは、(男性が)思っているよりめちゃくちゃ大事です。

  • 洋服
  • 髭剃り、鼻毛カット
  • 体臭予防

などなど。

しかし、「服装」などは

  • センスないし…
  • 買うの面倒臭い…
  • 選ぶのなんかもっと無理…

と思われる方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

僕自身もそうでした。

おしゃれな人や洋服好きな人に選んでもらう

僕は自分で洋服を選ぶのがほんっっっとうに面倒臭かったので

  • 職場で仲良くなった30代男性のカメラマンさん
  • GAPの店員さん

に、お願いして選んでもらいました。

お願いの文言は

「清潔感があってカジュアルめな洋服ありますか?」

です。

友人なら、悩み事込みで相談できます

Gapの店員さんは、かなり積極的に話しかける接客スタイルなので上記のセリフを言えばめちゃくちゃ選んでくれます

しかも、Gapの店員さんはおしゃれなので適任です。

上記の行動で「清潔感のある身だしなみ」が手に入り、恋愛対象ルームに入室することができます。

恋愛で大事だった「ただ傾聴する」姿勢

女性に対してどのようなコミュニケーションを図ればいいのでしょうか?

答えは「ただ、傾聴する」です。

これは暗記問題みたいなものです。

男性の僕は、なぜそうなのかはわかりません

しかし、これをすればなぜか感謝されますし、コミュニケーションも測りやすくなるのです

女性の話をひたすらに

  • 「うんうん」
  • 「そうだったんだね」
  • 「それは結構辛かったんじゃない?」
  • 「頑張ったんだね」

と聞きます。

そうすると、なぜかわかりませんが満足してくれるのです

大事な人から感謝されたり満足してくれたら嬉しいですよね?

なので、これは身に付けておきましょう

これで「恋愛での円滑なコミュニケーションの土台」ができます

いい恋愛をするための「話し合い」

これは、僕の経験則なのですが

いい恋愛をするためには「正直に話す」ことが大事だと思います

  1. 自分がどんなことに悩み
  2. その「悩み」をどうしてきたのか
  3. これからどうしようと思っているのか

などを話すことで、「深い信頼関係」が築けます。

「大きい悩み」を「自分はどうしているのか」 話してみよう

例えば

  • 今抱えている借金
  • 最近漏らしちゃったこと
  • 職場でいじめられている
  • 変な性癖がある
  • トラウマな恋愛経験
  • 複雑な家庭環境
  • 起業の失敗

などの悩みがあったとします

良い関係を築きたいのだったら正直に話し

「だけど、自分はこうしていこうと思っている」

と意思表示する必要があるのです。

全部話す必要はありません。

しかし、そのような問題があることや

それをどう思っているのか?を話し合うことは

「深い信頼関係の構築」になるのです。

まとめ

ということでいかがでしたでしょうか?

「清潔感のある身だしなみ」は

  • おしゃれな友人か、Gapの店員さんに選んでもらおう
  • セリフは「清潔感があって爽やかな洋服ありますか?」
  • これで、「恋愛対象ルーム」に入室できた

 

「ただ傾聴する姿勢」は

  • 男性にとって「暗記問題」
  • なぜかわからないけど感謝される
  • 女性とのコミュニケーションの土台

 

「正直な話し合い」は

  1. 自分がどんなことに悩み
  2. その「悩み」をどうしてきたのか
  3. これからどうしようと思っているのか
  4. などを話すことで、「深い信頼関係」が築ける

でした。

 

まだまだ、経験しなければいけないことは多いのですが、今現在で経験してみた結果感じたことを書いてみました。

それでは、また!しょうたでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました