【神奈川県ver】まん延防止等重点措置と緊急事態宣言の違いを解説!簡単にわかる〇〇つのポイント!

トレンド

どうもこんちゃ!しょうたです。

今回は「まん延防止等重点措置」とはなんぞや?について解説していこうと思います。

特に気になったのが

  • 緊急事態宣言の違いって何?
  • 簡単にまとめるとどういうこと?
  • 一般人の僕は何を気にすればいいの?

と言ったことだったのでそこら辺を掘り下げていきます。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

【神奈川県】まん延防止等重点措置と緊急事態宣言の違い

ざっと調べてみたところによると以下の通りでした。

【緊急事態宣言】

  • 発令の目安   :ステージ4(感染爆発)
  • 対象地区    :都道府県単位
  • 飲食店対応   :時短と休業の要請・命令
  • 命令違反への罰則:30万円以下の過料
  • 国家報告    :発令や期間延長、区域変更、解除の際の報告を法律で義務付け(?)

【まん延防止等重点措置】

  • 発令の目安   :ステージ3(感染急増)
  • 対象地区    :知事が指定する市区町村や一部地域
  • 飲食店対応   :時短の要請・命令(休業要請×)
  • 命令違反への罰則:20万円以下の過料
  • 国家報告    :付帯決議で「速やかに報告すること」を要請

緊急事態宣言よりもまん延防止等重点措置の方が

  • 市区町村という小さい規模
  • 休業要請はなく、時短要請のみ
  • 命令違反の罰金は30万円→20万円になっている
  • 法律で決定→付帯決議(法律より軽い?)で決定

といった感じのようですね。

では具体的に気をつけるポイントをさらってみましょう。

スポンサーリンク

簡単にわかる気を付けるべき4つのポイント

【まん延防止等重点措置】は

  1. 4月20日〜5月11日の期間実施
  2. 横浜市、川崎市、相模原市が措置区域となる
  3. 措置区域内の飲食営業時間は20時まで(酒類提供は19時まで)
  4. 措置区域外の飲食営業時間は21時まで(酒類提供は20時まで)

こんな感じですね。

ポイントとしては

  • 期間
  • 措置区域
  • それに伴う飲食店の営業時間

をチェックする感じです。

一般の人たちはこれに気をつけよう

あとは特に変わらず

  • 生活に必要な場合を除いて外出を自粛して下さい
  • 通勤や通学などの理由を除いて都道府県間の移動は控える
  • 時短要請をしている時間以降に飲食店を利用することは避ける
  • 路上での飲食いわゆる「路上飲み」も避けてください

と神奈川県知事が言っていました。

  • 外出自粛
  • 都道府県間の移動自粛
  • 営業時間の短縮要請
  • 路上での飲食なども注意!

と特に今まで通りのことに気をつけていけばいいのかなという感じですね。

まとめ

ということでいかがでしたでしょうか?

緊急事態宣言よりもまん延防止等重点措置の方が

  • 市区町村という小さい規模
  • 休業要請はなく、時短要請のみ
  • 命令違反の罰金は30万円→20万円になっている
  • 法律で決定→付帯決議(法律より軽い?)で決定

といった感じ。

簡単にまとめると【まん延防止等重点措置】は

  1. 4月20日〜5月11日の期間実施
  2. 横浜市、川崎市、相模原市が措置区域となる
  3. 措置区域内の飲食営業時間は20時まで(酒類提供は19時まで)
  4. 措置区域外の飲食営業時間は21時まで(酒類提供は20時まで)

 

一般人の僕は何を気にすればいいかというと

  • 外出自粛
  • 都道府県間の移動自粛
  • 営業時間の短縮要請
  • 路上での飲食なども注意!

って感じで、特に今までと変わらずでした。

また個人で飲食など行っている人にはお助け措置がまた幾つかあるそうなのでしっかり調べておいた方が良さそうですね。

ということで、しっかり手洗いうがいをしながら自分のできることをしっかりやっていこうと思ったしょうたでした。

何か、また疑問点などがあれば追記、追加の記事投稿を行なっていこうと思います。

またどこかでお会いしましょう!チャオ〜⭐️

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました